usagioyajiのつぶやき

usagioyajiのブログは、fudousannkoubou.comに引っ越したので、こちらは好きなことを書く。

お題「ちょっとした贅沢」

 

自分は酒が飲めません。

 

全くというのではありませんが、

 

強くもないのでやめてしまいました。

 

タバコも止めてしまったので、

 

そういう意味での嗜好品というのはコーヒーぐらいです。

 

せめて、

 

というわけではありませんが、

 

コーヒーはちょっと贅沢をします。

 

まず自家焙煎のお店に頼んで、

 

自分の好みに焙煎した豆を用意します。

 

どこのグラインダーでもちょうどよく挽けないので、

 

自分専用のグラインダーで、

 

「ほぼ微粉」

 

状態まで挽きます。

 

この豆を15気圧のエスプレッソマシンで抽出するのですが、

 

ダブル用のアタッチメントを使います。

 

ダブル用のアタッチメントにダブルの豆、

 

これをぎゅうっと押さえて、

 

マシンにセットして抽出します。

 

スイッチはシングルですので、本当にちょろっとしか抽出されません。

 

これがいわゆる「ファーストショット」と呼ばれるものです。

 

本当はもっと抽出できるんですが、

 

もったいないけど豆は捨てます。

 

さらに同じ作業をもう一回。

 

この抽出された、

 

ほとんどコーヒーの美味しいとこ取りのエキスに

 

牛乳と氷を入れて飲みます。

 

スタバのアイスラテよりもう少しリッチなカフェラテとなります。

 

一日1杯しか飲みませんのでこう言う飲み方もありだと思います。

 

 

卵ごはんに塩

お題「これって私だけ?」

 

自分は、

 

卵ご飯に塩をかけて食べます。

 

これをやると、99%?違うな、

 

今まで「気持ち悪い」

 

と言わなかった人はいません。

 

自分的には普通なので、

 

小学校の修学旅行で、

 

先生とクラス全員から変人扱いされるまで気が付きませんでした。

 

高校の頃から、

 

あまりに周囲のリアクションがすごいので、

 

「人前では醤油を使おう」

 

と、醤油にたまごごはんを食べていますが、

 

あんまりうまいとは思っていません。

 

悲しいことに家族の前でも気持ち悪がられます。

 

そこで思うのは、

 

「理不尽である」

 

ということです。

 

自分は福神漬が大嫌いなのですが、

 

らっきょうも大嫌いなのですが、

 

カレーのとき、

 

自分の目の前でカレーと福神漬、あるいはらっきょうを食べる人に、

 

「キモチワル」

 

とはいいません。

 

当たり前です。

 

好みの問題は、本人の勝手ですから。

 

「卵ごはんに塩」

 

も好みの問題と思うのに、

 

これだけは必ず批判されます。

 

ひどいと思います。

自分でできるプチリフォーム

お題「愛用しているもの」

 

家を見ると、

 

壁などはクロスの張り替えできれいになるんですが、

 

窓枠の木の部分は(額縁などといいます)どうにもなりません。

 

そこで、

 

「ダイノック」

 

というカッティングシートを貼るんですが、

 

これ、

 

大きい面積を貼る場合、

 

そうとう技術と慣れが必要です。

 

でもちょっと貼るだけなら誰でもできるので、

 

窓枠ぐらいなら簡単です。

 

壁紙も、

 

カビがはえるとか、

 

匂いがつくとか、

 

簡単に拭き掃除ができない等の理由で、

 

ダイノックを壁紙の代わりに貼る場面も増えており、

 

ビジネスホテルの内装も、

 

ダイノックのところが増えています。

 

これだけは用意したほうがいいという道具は、

 

スキージという押さえる道具で、

 

これは絶対あったほうがいいです。

 

あとはカッターとはさみがあれば殆どの作業は可能です。

 

うまくいくかどうかわからないので、

 

最初は百均とかで売っているシートで充分です。

 

色んな色とか、

 

美しさ、耐久性などは、

 

断然ダイノックが優れているので、

 

上手になったらダイノックがいいでしょう。

 

ダイノックは浴室にも使えるので、

 

貼るのがうまくなったら自分でフルリフォームも可能です。

 

実は、

 

最近では車も塗装ぜずにダイノックで色を変えるとか、

 

フルカーボンボディ風みたいのこともできます。

 

これ、相当使えます。

 

お試しください。

星に願いを

今週のお題「星に願いを」

 

星に願う、

 

よく願うと叶う?

 

自分には、

 

日航ジャンボ機の墜落によってなくなった友人がいたのですが、

 

「願いがなう」

 

というと彼を思い出します。

 

割と裕福な家庭の末っ子だった彼は、

 

旗本の三男坊のようで、

 

することがなかったんだと思います。

 

このあたりはぼかしますが、

 

学校を卒業後、

 

彼が始めたのが、

 

「ナポレオンヒル

 

だったと思うのです(言葉の内容がそんな感じだったので)。

 

ある日突然、

 

「夢は叶う」

 

とか、

 

「夢を具現化させるためには、

 

手で触れるぐらいに想像する」

 

とかいい始めました。

 

自分はそういうのが苦手です。

 

(うわ、こいつなんか宗教してる)

 

としか思いません。

 

それがきっかけで、

 

疎遠になったのですが、

 

彼はそういうセミナーの講師になったんでしょう、

 

大阪と東京を往復する生活で、

 

事故にあいました。

 

夢半ばだったのか?

 

夢はかなったのか?

 

夢はかなわなかったのか?

 

自分にはわかりません。

 

自分にとって、

 

星に願ってかなうというのは、

 

宝くじのような「降って湧いた」ような夢だと思うのです。

 

手を伸ばせば届く夢、

 

頑張れば届く夢は、

 

願うまでもなく実現させればいいのです。

 

ここで気がついたと思うのですが、

 

星に願うのはかなわない夢なのです。

 

かなわないから願う。

 

だから夢。

 

かなうのは夢ではないのです。

 

しかし、

 

七夕が晴れたという記憶が無いんですけど…

水神荒ぶりて僧これを鎮めるのはなし

不動産の仕事をしていると、いろいろと不思議なことにぶつかります。

 

これはそのうちの一つ。

 

古い大きな家がありました。

 

持ち主の夫婦は高齢でもあり、

 

介護施設に入居し、

 

娘が介護のために東京より行橋に戻ってきました。

 

娘は戻ってきた途端、

 

半年で4回脳梗塞に見舞われて半身不随になりました。

 

大きな家は、

 

近隣の要望により解体することになりました。

 

家を解体してみると、

 

その家の下から井戸が出てきました。

 

一軒の家の敷地内に井戸が4っつ。

 

どう考えても異常です。

 

家の解体工事の際、

 

おびただしい蛇が逃げて行きました。

 

家の下の井戸は、

 

神主がお祓いをした痕跡がありますが、

 

甘酸っぱいような変な匂いが立ち込めています。

 

中はゴミだらけで中途半端にしか埋めてなく、

 

息抜きもありません。

 

4つの井戸で4回の脳梗塞

 

偶然でしょうが気持ち悪いので、

 

お祓いをすることになりました。

 

天台宗のお坊さんにお願いします。

 

「?」

 

神主ではだめなのです。

 

伊勢神宮に保管されている絵巻でも

 

地鎮、祓いは密教僧もしくは陰陽師となっており、

 

もともと神主が中途半端な知識で、

 

いい加減な水神上げをしたからこんな事になったのだそうです。

 

お坊さん曰く、

 

「中途半端な水神上げの後、

 

息抜きもつけずに井戸の上に家を建てた。

 

水神様は怒って横に掘られた井戸を枯らした。

 

仕方がないので、

 

もう一つ井戸を掘った。

 

また水神様が井戸を枯らした。

 

さらに仕方がないので、また井戸を掘った。

 

そうしたらそこで生活するものがいなくなったので、

 

子孫を滅亡させるために、

 

脳の血の流れを変えて脳梗塞を起こして子孫を残させないようにした」

 

ということらしいのですが…

 

いや、考えたくもないです。

 

「水神様は、蛇神様なので蛇がいっぱいいたはず」

 

 

勘弁してください。

 

さて、

 

儀式の当日です。

 

自分は頼まれて、

 

もともとの井戸のゴミをきれいにするために井戸に潜りました。

 

掃除をしている最中は、

 

甘酸っぱい匂いが立ち込めて息もできないほどで、

 

「これで死んだらどうしよう」

 

とか思いました。

 

水神上げはまず一番新しい井戸からはじめました。

 

これは簡単でした(のように見えました)。

 

次に新しい井戸も問題はありませんでした(のように見えました)。

 

ところが、ここで間違いを犯してしまいました。

 

最初の井戸と、

 

二番目に古い井戸を前後逆に儀式をしてしまったのです。

 

一番古い井戸は、

 

時間がかかったもののなんとか水神様に上がっていただきました。

 

はずでした…

 

最後の井戸(実は二番目に古い井戸なんですが)の蓋を上げた瞬間、

 

2メートルぐらいの水柱が上がり、

 

水神上げに参加している人たちは水浸しになリました。

 

みんなびっくりして恐怖で硬直していました。

 

7メートルほどの深さの井戸の底に、

 

ちょろっとしかない水が2mあまりの水柱になることの説明は、

 

自分にはできません。

 

儀式というのは順番を違えてはいけないんだそうです。

 

仕方がないので時間をかけてなんとか鎮めました。

 

不思議なことに、

 

鎮めた途端、

 

パアッとお日様がさし明るくなりました。

 

これは実際にあったことを書きました。

 

自分には解説などできませんから。

 

こういう話?

 

まだいっぱいあります。

 

またいつか書きましょう。

日本という国の矛盾

日本は世界で7番目に税金の高い国なんだそうです。

 

税金の高い国を順番に上げていくと…

 

  1. アルバ(西インド諸島のの国らしいです)
  2. スエーデン
  3. デンマーク
  4. オランダ
  5. ベルギー
  6. オーストリア
  7. 日本
  8. イギリス
  9. フィンランド
  10. アイルランド

という順番になります。

 

さてこの税金の高いベストテンを人口の多い順に順位を入れ変えると…

(2016年の統計)

 

  1. 日本(1億2657万人世界順位11位)
  2. イギリス(6471万人世界順位21位)
  3. オランダ(1692万人世界順位65位)
  4. ベルギー(1129万人世界順位77位)
  5. スエーデン(977万人世界順位89位)
  6. オーストリア(854万人世界順位94位)
  7. デンマーク(566万人世界順位111位)
  8. フィンランド(550万人世界順位113位)
  9. アイルランド(468万人世界順位120位)
  10. アルバ(不明)

とまあ、

 

日本がぶっちぎりです。

 

これ単純に税収で国家予算を考えると、

 

日本はイギリスの2.5倍の国家予算を持ちます。

 

ここで、このランキング内の国の国会議員の数を調べてみます。

 

  1. イギリス 1455人(人口比0.00225%)
  2. 日本 707人(人口比0.00056%)
  3. スエーデン 349人(人口比0.00357%)
  4. オーストリア 244人(人口比0.00286%)
  5. オランダ 225人(人口比0.00133%)
  6. アイルランド 218人(人口比0.00466%)
  7. ベルギー 210人(人口比0.00186%)
  8. フィンランド 200人(人口比0.00364%)
  9. デンマーク 179人(人口比0.00320%)
  10. アルバ 不明

と、圧倒的にイギリスが多いんですが、

 

日本の議員数が意外に少ないのがわかります。

 

ということは…

 

公務員数は…

 

これまた先進国で最も少ないようです。

 

ただし、

 

公務員の給料は、先進国でぶっちぎりです。

 

「仕事ができる」=「効率がいい」=「優秀」

 

と考えると日本の官僚は世界一優秀で、

 

世界一の高給取りです。

 

毎年日本の最高学府の最高の頭脳しか取らないんだから当たり前なんですが…

 

ただここまでの統計を見る限り、

 

日本は税金を半分にしてもやっていけそうです。

 

なのに増税をする。

 

この矛盾を考えると、

 

ある変な予算に目が止まります。

 

思いやり予算

 

これ在日米軍に対する予算で平成29年度でおよそ1946億円拠出しています。

 

そのほか29年度予算では、

 

米軍再編関係経費とSACO経費なるものに5875億円拠出しています。

 

これ、日本の税収の15%です。

 

ちなみにアメリカに

 

「守ってもらっている国」

 

というと、

 

ドイツ、イタリア、韓国、日本なんですが、

 

駐留経費の負担率は、

  • ドイツ33%
  • イタリア41%
  • 韓国40%
  • 日本75%

日本はどうやらアメリカの植民地のようです。

 

「日本はなぜ税金が高いのか?」=「議員や官僚が多いから」=間違い

 

「日本はなぜ税金が高いのか?」=「アメリカに上納してるから」=正解

 

うーん、

 

日本は現行憲法内では、侵略戦争はできませんので、

 

アメリカに出ていってもらって独自に国防したほうが安くつくと思います。

 

変なの。

 

 

「蒼天已に死す」

インターネットの時代になって、

 

インターネットの特徴を最もよく捉えているのが、

 

facebooktwitterで、

 

これらの書き込みは、

 

「短いセンテンスで、強烈なインパクトを与えること」

 

ということと、

 

「匿名性」

 

という特徴を持ちます。

 

「保育園落ちた、日本死ね!!!」

 

これ、

 

いかにも山尾志桜里さんが自分で行ったかのように流布されていますが、

 

実際には誰が言ったのかわかっていません。

 

山尾さんは国会で取り上げただけです。

 

プロパガンダの一種なのですが、

 

これ歴史を見るとかなりあちこちで見られます。

 

有名なのは、

 

「蒼天已に死す」

 

これ漢王朝を倒した黄巾の乱プロパガンダです。

 

「蒼天已に死す 黄天当に立つべし」

 

というのが正確な文章なのですが、

 

この一言で漢王朝はひっくり返ってしまったという現実が大事なのです。

 

解釈については諸説あるんですが、

 

自分的にはどれも正しくどれも間違っていると思います。

 

なぜなら、

 

教養の程度があまりに違う民衆が、

 

当然字の読めない、学校にすら行ってない人の多い状態で中国全土を揺るがす。

 

これは偏に「蒼天已に死す」という言葉のインパクトに過ぎません。

 

日本死ね!!!」

 

は同じインパクトを待ちます。

 

一般的には、

 

「政治的に行き詰まり感(モラトリアム)が蔓延した社会状況に起こりうる現象」

 

と解釈され、

 

「社会的な大変革の予兆」

 

と呼ばれるものです。

 

これ、

 

第二次世界大戦の前兆現象が、

 

今現在の政治の動きとよくにていることに意外に皆さん気がついておりません。

 

学者も平和主義者も、

 

「前の戦争で何を学んだのか?あなた方の主張とは何なのか?」

 

と思います。

 

  • 移民に苦しみ
  • 経済格差が拡大し
  • 経済戦争が始まり
  • 経済破綻する国が現れる

これ、

 

そのまんま、第二次世界大戦の前に起きたことです。

 

次に必要なのは、

 

プロパガンダの得意な独裁者」

 

の登場ですが、すでにいるようです。

 

トランプのことですが、

 

トランプはtwitterをうまく使うことで有名です。

 

面白いのは、

 

社会主義共産主義の方が「ファシズムだ!」と叫ぶんですが、

 

ファシズム社会主義の一種で一部共産主義的思想ですよ。

 

さて、

 

facebooktwitterの時代は、

 

誰もがプロパガンダを垂れ流しにしている時代と言えます。

 

特にtwitterは、

 

「誤解されても構わないし、それぞれの解釈で構わない」

 

ので、

 

ただ強烈な言葉を羅列する。

 

という特徴を持ちます。

 

これが、

 

日本死ね!!!」

 

です。

 

人々は無責任にプロパガンダを垂れ流す先に見える未来。

 

「争乱が起き、瓦礫と死体を片付けたあとに見えるはずの緑の草原」

 

そんなものは、理想でも何でもありません。

 

自分はそんな理想は認めません。